×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

誕生石 12月 ターコイズ

十二月の誕生石はターコイズ(turquoise)です。
トルコ石はターコイズの和名です。
誕生石のターコイズは、青や緑の色合いを持つリン酸塩鉱物です。
この鉱物のうち、良質のものがターコイズ、トルコ石として宝石の扱いを受けます。
ターコイズは主に乾燥地帯で生み出されます。
ターコイズは水色や青いものほど良質で、不純物の鉄分を含むと緑色がかります。

誕生石、ターコイズのモース硬度は5.5〜6、比重は2.6〜2.9です。

トルコ石の名前のに反して、ターコイズはトルコで産出されるわけではありません。
誕生石のターコイズ、トルコ石は、人類が最初に掘り出した宝石のひとつです。
トルコ石はアフリカ北部のアトラス山脈の周辺の砂漠やシナイ半島にて採掘され、トルコを経由してヨーロッパに貿易されて流通したため、トルコ石の名がついたものと推測されています。

十二月の誕生石、ターコイズの色を表す言葉に、「ターコイズブルー」があります。
ターコイズブルーは、少し緑がかった青色。
ターコイズブルーよりも緑色が濃くなると、「ターコイズグリーン」と呼ばれます。
トルコ青、という名前もターコイズブルーと同じものです。
誕生石のターコイズは、そのターコイズブルーの色彩が多くの古代文明でも愛されていました。
ターコイズは特に、古代エジプトで珍重されていました。その歴史は第一王朝(紀元前3000年頃)、もしくはそれ以前まで遡るといいます。
誕生石のターコイズは、古代エジプトの高貴な人々の装飾品として、ラピスラズリと並んで尊ばれていました。
ラピスラズリも、十二月の誕生石の一つです。

十二月の誕生石のターコイズ、トルコ石の石言葉は「成功・統率・神聖な愛」。

パワーストーンとしてのターコイズは、大空と水を象徴する意味を持ちます。
パワーストーンのターコイズは、そのターコイズブルーで、疲れた体を水のように包み込み、暗い重い心を大空へと開放する力があるといいます。
パワーストーンのターコイズには、旅の守護石の意味もあります。